FC2ブログ










虐待?拷問?年の数だけ刺された針に、喘ぐM男は60歳。刻まれし無数の傷こそが彼の歩みしM男道・・・の件。


還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編00 還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編



みなさん、ハローです。 突然ですが、M男って何歳までやれると思いますか?・・・と言うと少々語弊がありますね。マゾは一生マゾであることには変わりない訳なので、ここでワタクシが言いたいのは実際にハードなプレイに体が耐えられるのは何歳ぐらいまでなんでしょうか? 当ブログに遊びに来てくれている方々の年齢層は分かりませんが、40代以降のM男のみなさんなら、ふと そういうことを考えることがあるのではないでしょうか?

そんな、ちょっぴりセンチな気分になっている中年M男のみなさまの心に一筋の光射す作品を見つけました!

その作品がこちら・・・行列のできる調教相談所 還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編。そうです、還暦ですから60歳の爺様が調教されてしまうのです。

前置きが長くなりましたが、それではレポート開始です。
-------------------------------------------------------------------------

まず、本作品の主役である還暦M男さんがこちら。大変似ていますが、映画”ベスト キッド”のミヤギ氏(役名)とは別人ですので、あしからず(笑)
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編02 還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編03


取り敢えず定番のビンタから。(老人虐待ではありません、彼は喜んでいるのです)
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編04

脱がないことには始まりませんので、ズボンを剥ぎ取るS女様。(介護ではありません、彼は喜んでいるのです)
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編05

そして、このまま調教は進んでいくのですが、顔騎圧迫、竹刀での尻叩き、蝋責めなど軽めの調教ばかり。
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編06 還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編07


ついには開始43分頃にS女様達が立ち去ってしまい調教終了??

そして、シーンは変わりまして、今度は別の二人組みS女様と若手M男登場。

え?出演者変わるのっ?還暦M爺様は?え?終わり? え?ええっ?

いやいや、大丈夫です!! 作品の終盤にこそ、この還暦M爺様の本領が発揮されますので御安心を^^


それでは、レポートの続きです。


ちなみに、本シーンで調教される若手M男君、もちろん先ほどのM爺様とは無関係ですし、映画"ベスト キッド"のダニエルさんでもありません(しつこくてゴメンね)

肝心の調教内容ですが、ブーツ舐め、鞭打ち、アナル責めなど いたってシンプル。ちなみに鞭は、そこそこハードに打ってます。

そして、ワタクシがグッときたシーンがこちら。

自分の腸内と外界を行ったり来たり、ズッコンバッコンされていた、きちゃないアナルスティックを口に捻じ込まれるシーン。
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編08


なんだかんだで、作品も終盤に差し掛かった頃、ついに来ます。前半パートの還暦M爺様と愉快なS女達合流!!
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編09


床に並んで寝かされるM爺様と若手M男は、師匠と弟子のようです。

両乳首を摘み上げられて喘ぐ弟子、その傍らでは注射針を突き刺される師匠、やはり師匠のほうがM男として格上なのか?いやいや弟子も負けてはいません。
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編10 還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編11


「なぁ、お前オシッコ飲めるよなっ?」というS女様の質問に「はいっ」とフレッシュなアンサー。
バシャバシャと滝のごとく降り注ぐオシッコ、負けじと喉を鳴らして飲み干す若手M男君。
その ひたむきな姿にワタクシの心の中では、「ダニエルさん、ワックスかける!ワックス取る!オシッコ飲む!」 という、かの名作の名台詞がリフレインします。
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編12 還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編13
 

そんな師匠との修行の成果を遺憾なく発揮する弟子の傍らで、師匠は・・・師匠は?・・・し・・・

          !!

大変なことになってる~~っ!! 刺し過ぎ 刺し過ぎ(汗) 年の数だけ刺す気かいっ(笑)
還暦M爺の罪と罰 針責め苦痛調教編14


・・・・・とまあ、還暦M爺様の とんでもないドMっぷりを見せて頂いたところで作品終了となるわけなのですが、やはり主役であるM爺様の年齢を感じさせないMスピリッツには単純に勇気を頂けます。
そして、そんなスピリッツとは裏腹にM爺様の体には長年のハード調教で刻まれた数々の証が残っています。
無数の鞭痕、腹部の焼印、そして 肥大しすぎた乳首はたわわに実った野イチゴのよう、否、これは本物の野イチゴなのでは? そうだ、そうに違いない。この爺さんは胸に野イチゴを付けている。

そして 何よりも人間、歳を重ねると どうしても若者たちが未熟に見えてしまい、ついつい上から目線で接してしまいがちです。しかし、このM爺様は違います、上から目線どころか自分の孫程の小娘から踏み付けられ、下から目線で接しているのです。

そんなM爺様のM男道に人生の教訓を学びつつ、一句詠んで締めたいと思います。

実るほど 頭を垂れる イナバウワー  ・・・・・意味不明(汗)

ご清聴ありがとうございました。


人気ブログランキングです。「良いな!」と思ったら是非クリックしてみてください♪
(下のお父さんをクリックして頂くと投票される仕組みになっています)


[ 2015/03/29 17:26 ] 針責めな動画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mazo777.com/tb.php/102-a6ea72bc